名古屋みなと祭り花火大会|2019|日程・見所・駐車場・穴場スポットは?


名古屋みなと祭り花火大会

春が終わり暑い夏がやってくるとともに各地で始まってくるのが『夏まつり』。そして『花火大会』。

 

名古屋で行われる花火大会の中でも最も人気なのが『名古屋みなと祭り花火大会』。創作スターマインをはじめ、会場に設置されたスピーカーから流れる音楽とシンクロして上がる「メロディー花火」がフィナーレを飾ります。。

 

そんな名古屋みなと祭り花火大会の開催日・見所・駐車場情報などを紹介していきますので、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

名古屋みなと祭り花火大会の開催日は?

名古屋みなと祭り花火大会の開催日は?

名古屋みなと祭り花火大会は毎年7月の第3月曜日の「海の日」に開催されるお祭りで、1946年から始まった歴史のあるお祭りです。

 

2019年|第73回海の日名古屋みなと祭り花火大会

 

『名古屋みなと祭り花火大会』

  • 開催日 : 7月15日(月・祝)
  • 開催時間: 19:30~20:20
  • 開催場所: 名古屋港ガーデンふ頭

名古屋みなと祭り花火大会の見所・花火の打ち上げ数は?


名古屋みなと祭り花火大会の見所は、フィナーレを飾る「メロディー花火」でしょうか。

 

花火大会では尺玉の連発や創作スターマインなど、芸術的な花火が多数打ちあがりますが、その中でもフィナーレのメロディー花火は一見の価値あり!!!

 

会場に設置された多数のスピーカーから流れる音楽とシンクロして花火が打ち上がり、その光景・テンポ感がお祭りのラストを一気に盛り上げてくれます。

 

また、花火大会の他にも昼間はコンサートなどのイベントが開催され、近隣の街中では屋形船の形をした大きな山車・神輿なども出ており、太鼓の演奏なども行われています。

 

花火の打ち上げ数は?

  • 約3000発 

スポンサーリンク

名古屋みなと祭り花火大会会場周辺のトイレ・授乳室は?

名古屋みなと祭り花火大会_トイレ・授乳室

名古屋みなと祭り花火大会の会場となる名古屋港ガーデンふ頭にトイレは複数あり、名古屋港水族館・名古屋港ポートビル・噴水広場など、目に入る建物・広場に行けばすぐ見つかるでしょう。

 

が、

 

名古屋で最も人気の花火大会という事もあり、むちゃくちゃ混みます!!

 

打ち上げ花火の前後など、時間帯によってはトイレの行列がものすごい事になるので、トイレに行く場合は余裕を持って少し早めに行く事をおすすめします。

 

また授乳室は名古屋ポートビル内シートレインランド内(4Dキング横の休憩室)にあります。但し、花火の打ち上げ時間直前などは移動するのも難しくなるので、念の為にケープの持参がおすすめです。

名古屋みなと祭り花火大会へのアクセス


名古屋みなと祭りへは電車の移動が便利です。というか、徒歩や自転車等で行ける近隣の方を除き、【電車以外のアクセス方法は無い】と言っても良いのではないでしょうか。

 

電車の場合

  • 地下鉄名港線「名古屋港」「築地口」駅下車すぐ
  • 地下鉄名港線「築地口」駅下車 徒歩10分
  • あおなみ線「稲永」駅下車 徒歩30分

名古屋みなと祭り花火大会の駐車場・混雑状況は?


名古屋みなと祭り花火大会は名古屋で最も人気の花火大会の一つという事もあり、来場者数は約360,000人とかなり混雑します。

 

現地の混雑っぷりはハンパないのは当然なのですが、最も大変なのが帰宅時。まず駅まで辿り着くのにものすごく時間がかかり、駅についても電車に乗れるまでにものすごく時間がかかります。

 

「会場を出て電車に乗るまで3時間かかった・・・」なんて話もザラです。

 

また、会場に駐車場は無く、当日は周辺道路も交通規制により全面通行禁止になります。(15時以降に交通規制が敷かれ、17時以降は周辺道路も歩行者専用になります)

 

そこで、ちょっとした攻略法と言いますか、混雑を避ける方法をご紹介します。

スポンサーリンク

名古屋みなと祭り花火大会の混雑を避けるには

当然、会場から駅までの距離が近い場所で花火を見て、終了とともにダッシュで名古屋港駅に向かうのが最も早く電車に乗る方法なのですが、せっかく来たのだから近くで見たいですよね。

 

その場合、地下鉄「名古屋港」駅に向かってしまうと帰宅時間は何時になるかわかりません。また、1つ先の「築地口」駅に向かったところで、名古屋港駅から乗った人達でいっぱいで電車には乗れません

 

そこでおすすめ(まだマシ)なのが『あおなみ線「稲永」駅』から乗る方法。

 

地下鉄の駅を利用されている方にとっては一旦名古屋駅に出る事になるので面倒かもしれませんが、「稲永」⇒「名古屋」⇒「金山」と移動出来ますし、いつ乗れるかわからない地下鉄で待つよりは早くておすすめです。

名古屋みなと祭り花火大会の穴場スポットは?

名古屋みなと祭り花火大会の穴場スポット

名古屋みなと祭り花火大会の打ち上げ花火を見るのであれば、『ガーデンふ頭2号岸壁』『ガーデンふ頭3号岸壁』がもちろんおすすめ!特にガーデンふ頭3号岸壁は花火の正面に位置するので迫力満点です

 

但し、場所取りの競争率は超高い上に帰りの時間もいつになるのやら・・・といった問題点も。そこで、花火鑑賞穴場スポットをいくつか紹介しておきますので、当日の参考にして頂けたらと思います。

 

名古屋港水族館南側緑地

 

名古屋港水族館の西側から抜けた先にある緑地。ガーデンふ頭2号・3号に比べれば・・・といったレベルですが。

 

 

港陽公園

 

地下鉄「築地口」駅から東に向かった場所にある公園。少し離れるので花火のサイズ感が物足りなくなりますが、十分に楽しめるレベルです。帰りも混雑のピーク前に「築地口」駅まで行ける可能性高いです。

 

 

荒子川公園(フェニックスアイランド)

 

あおなみ線「稲永」駅の1つ手前の駅「荒子川公園」の目の前にある荒子川公園。荒子川公園の一番南側にあるのが『フェニックスアイランド』と呼ばれる広場です。

 

打ち上げ花火のサイズは港陽公園よりも小さくなってしまいますが、目の前をさえぎる建物も特にない上、広場になっているのでレジャーシートを広げてゆっくり見る事が出来ます。

 

ちなみに私は子供が産まれてからはこちらで何度か見ています。小さいお子さん連れのファミリーには特におすすめの穴場スポットです。

 

荒子川公園についてはこちらの記事で紹介していますので参考にして下さい

スポンサーリンク

名古屋みなと祭り花火大会周辺で使える割引などのお得情報


お出かけの際、せっかくなのでついでに周辺で食事をしたり、遊園地・水族館・映画館などのテーマパーク等へ遊びに行く事もあるのではないでしょうか?

 

そういった場合に使える入場料などの割引情報、混雑する人気スポットへのお出かけ時に困る駐車場予約情報などを紹介します。映画館であれば300円~500円引き遊園地なら入場料50%割引などもあるので本当にお得です。

 

どれも季節を問わずかなり使えるものになりますので、お出かけ前にチェックしてみて下さい。

◆ デイリーPLUS ※おすすめ
  • Yahoo!JAPANが提供する割引優待サービス。遊園地・映画館・飲食店などで大幅割引
  • さらに当サイトを経由して会員登録をすれば最初の2ヶ月無料で利用可能
デイリーPlusのサービス内容についてはこちらの記事で紹介しています
◆ akippa(あきっぱ)
  •  

    TVなどでも取り上げられている、全国各地で使える駐車場予約サービス
  • 一日単位での値段設定のところが多く、周辺コインパーキング等に比べて割安
akippa(あきっぱ)のサービス内容についてはこちらの記事で紹介しています

スポンサーリンク


まとめ

名古屋で最も人気の花火大会の一つ「名古屋みなと祭り花火大会」。

 

毎年30万人以上の来場者が訪れる人気のお祭り・花火大会で、連続花火・スターマイン・メロディー花火など、華麗かつ幻想的な花火がいくつも打ち上がります。

 

但し、会場はもちろんの事、行き帰りの駅・電車の混雑状況もハンパないのがツライ・・・。当日は飲食・トイレなどは早めに済ませておく事をおすすめします。

2019年の東海地方の夏まつり・花火大会情報

コメント: 0